自宅でバレエレッスン時の服装(ウエア)はどうする?

自宅でのバレエレッスン時ではどのような服装で行えば良いのでしょうか?
バレエといえば、衣装の華やかさも魅力のひとつですね。

 

 

豪華なチュチュは舞台用ですから、普段のレッスンの時に着ることはなく、練習で身につけるウエアは、タイツの上にレオタードというのが一般的でしょう。
また、吸収性の良いニットや身体を冷やさないようにレッグウォーマー着たり、レオタードの上に巻きスカートを身につけるなど組み合わせも様々です。

 

 

こうしたバレエレッスン用のウエアは、専門店やインターネットでも購入することが出来ます。
バレエダンサーに少しでも近づきたいとか、自宅で気分を盛り上げたいという時には、少しずつ揃えてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

そして、自宅でレッスンを行う場合は、動きやすい服装であれば何でも構いません。
当然、動けば汗をかくので上に着るものは吸収性の良いTシャツなどでも良いですし、下に履くもはジャージやスパッツなどで十分でしょう。

 

 

ただ、気をつけたいのは、バレエは体を曲げる動作が多いので、ウエストがきついお腹を締め付けるような服装は避けましょう。
いずれにしても、伸縮性のあるストレッチ生地が適しています。また、汗をかいて体をひきしめたいという方は、保温性のあるウエアなどでも構いません。

 

 

なお、服(ウエア)選びのポイントしては、ダンサーたちは、体が冷えないようにレッグウォーマをよく履ききますが、これは体が冷えている状態で体を動かすと、怪我をすることが多いからです。
体を動かせば、徐々に体が温まって汗が出てくるようになりますが、身体の動かしはじめは特に体を冷やさないように服に気を配ることが大切です。

 

 

更に、ダンサーも鏡に映る自分のボディラインを気にしています。
美容にとっても自意識はとても大切で、体が崩れてくるとどうしてもゆったりとした服を着がちになりますが、バレエレッスンを自宅でする時ぐらいは、身体にぴったりフィットするウエアを着て、自分のボディラインを確認して見ると良いです。

 

 

そうすることで、危機感を感じてバレエレッスンのやる気がより出るかも知れませんよ。

 

スターダンサーズ・バレエ団代表の小山久美先生の大人から始めるバレエレッスンDVDでは、怪我をしないようにする正しいストレッチもありますし、何より忙しい方でも1回20分程度で出来るようになっており、あなたの空いている時間に合わせて調整ができます。

また、各パートごとにレッスンができるように構成してあるので、苦手なところを集中的にレッスンすることもできます。

 

大人から始めるバレエレッスンDVDの詳細を見てみる